運転資金・設備投資・創業融資などの借入先の選び方

創業時や日々の事業運営の際の運転資金、設備を導入する際の設備資金、そしてこれから開業をする方に向けての開業資金など、資金が必要になることはとても多いと思います。
融資してくれるのは政府系金融機関である、日本政策金融公庫や都市銀行、そして信用金庫や信用組合などがあります。
まずは政府系の日本政策金融公庫に相談されるとよろしいと思います。
金利も安く、無担保無保証人でお金を融通してくれる可能性が高いのです。
また、制度融資に関しましては、優遇金利が適用されることもありますので、しっかりと事業計画を作成したうえで、申込みをするようにしましょう。
そして都市銀行です。都市銀行から融資を受けることは、特にこれから開業しようとする場合や、事業規模が小さいような場合にはかなり難しいと思います。
そして、創業後2年程度経過していましたら、中小企業のための金融機関として信用金庫や信用組合もありますので、検討してみるとよろしいと思います。
このようにさまざまな金融機関が融資をしていますので、会社の状態にあった融資を受けることがよろしいと思います。
そして、金融機関が融資をする際に必要な情報は、事業内容や従業員数、事業の特徴などです。
また、経営者がどのような人なのかということも重視されます。
誠実で、新たなビジネスに積極的にチャレンジできる方や、経営管理がしっかりできる方が望まれます。
また会社の業績もしっかりと調査されます。すでに事業を営んでいる場合には、現在と過去の決算書が必要になりますし、創業をする場合には、事業の将来を説明する必要があります。
そして、融資の理由を確認されます。また、貸したお金を回収できなかった場合のことを考慮し、担保能力を調べられます。

カテゴリー: お金の借り方 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。